情報共有の制度FINEとCRIN By 闇金ゼスペック

情報共有の制度FINEとCRIN

全ての正規消費者金融に言えることです。正規の消費者金融は借り入れ申し込み者に支払い能力があるか調査するために信用情報機関を利用しています。日本に信用情報機関がいくつ存在しており情報機関同士で情報の共有をおこなってます。今回は信用情報機関同士の情報共有について書きます。

この章では信用情報機関が常に情報を共有していることに関して書いて行きます。正規の消費者金融は信用情報機関のデーターを元に借り入れ申し込み者に支払いの能力があるか判断する材料としています。

日本の信用情報機関が情報を共有する制度は2種類あります。FINEとCRINの2種類となります。貸金業法では複数の信用情報機関がある場合は全部の信情報を共有する制度には2種類用情報機関を使うことがで借り入れ申し込み者の借り入れ総額を把握できるように情報共有が義務付けされてます。

FINE

Financial Information Network(フィナンシャル インフォメーション ネットワーク)の略称がFINEです。指定信用情報機関制度に基づき二つの信用情報機関が情報共有をしております。

二つとはCIC(クレジット業界)とJICC(消費者金融業界)です。

FINEで共有される内容
個人信用情報
氏名・生年月日・住所・電話番号・勤務先など
契約情報
契約年月日・貸付の金額・貸付の残高・遅延の有無
申込み情報
ローン等の申込を受け、照会した事実を表す情報

毎月の支払の遅れや自己破産などの事故情報、申し込み情報が共有されていますので延滞や多重申し込みは直ぐに判明します。これは信用情報機関の交流で過去に自己破産して金融事故を起こした人や総量規制に一杯までまで借り入れのある人への融資を防止して多重債務の増加を防ぐ取り組みでもあります。この制度は消費者金融の審査に役立っています。

CRIN

Credit Information Network(クレジット インフォメーション ネットワーク)の略称がCRINです。CRINでは信用情報機関同士で金融事故の情報を共有しているのが特徴です。また、CRINは三つの信用情報機関で情報を共有しています。

三つの信用情報機関とは、CIC(クレジット業界)JICC(消費者金融業界)JBA(全国銀行個人信用情報センター)のことでこの三つは日本の金融業界を支える三本柱とも言えます。

CRINで共有される内容
個人信用情報
氏名・生年月日・住所・電話番号・勤務先など
契約情報
契約年月日・貸付の金額・貸付の残高・遅延の有無
支払状況
異動発生日・情報の種類・終了情報
申告した情報
申告したコメントなど

CRINで共有されている情報はブラック情報と言って返済の遅延、紛失・盗難・同性同盟の別人に係わる申告コメントなどです。ブラック情報はホワイト情報と違い三つの信用情報機関で共有されています。

FINEとCRINは日々、情報の共有を行っていまうs。支払いの延滞や自己破産などの金融事故が発生した場合は各信用情報機関でブラック情報などが共有できるシステムとなってます。この事で新規借り入れ申し込みを拒否されるケースが多々存在します。

例えば新規クレジットカードを申し込み

申し込みがあるとクレジット業界の場合はCICに信用情報を問い合わせします。この時に申し込み者に銀行や消費者金融で支払いの遅延や金融事故などのブラック情報があった場合、クレジットカード会社はJICCやJBAに加入していませんので他の業界の延滞やブラック情報を知ることができません。

クレジットカード会社としても銀行や消費者金融で金融トラブルを起こしている人にはカードを発行したくありません。ですがクレジットカード会社は他の業界の信用情報を知ることができません。延滞やブラック情報を見落とすと様々な金融業者から借り入れすることが可能となり多重債務者や自己破産の増加に繋がります。

そこでCIC(クレジット業界)JICC(消費者金融業界)JBA(全国銀行個人信用情報センター)は情報を共有することで多重債務者や自己破産の増加を防ぐ取り組みなのです。