金融の申し込みブラックに関して By 闇金ゼスペック

金融の申し込みブラックに関して

こんにちわ。ソフト闇金ゼスペックのサイト管理人です。毎日、慣れないライター業務で金融に関するコンテンツを書いているのですが今日は金融の申し込みブラックに関して書きます。 言葉を聞いて何となくわかりますか?理解していないと誰でも金融で申し込みブラックになる可能性がありますので注意が必要です。

誰にでも金融では申し込みブラックになる可能性があると話しましたが遅延や自己破産などの法的手続きをしていなくっても金融ブラックになる可能性があります。

申し込みブラックってのは短期間で複数の金融業者へ申し込みをすることでデーターが残り情報が金融業者が利用する信用情報機関で共有され金融業者の審査員に悪い印象を残すことです。短期間で複数の金融業者に申し込みをすることは「お金に困ってる」・「切羽詰まってる」というような印象を金融業者の審査員に与えることからブラックに該当すると判断され借り入れ審査で否決になる可能性が増えるのです。

このブラックは借り入れがある方、ない方、誰にでも起こり得る現象です。なので金融で申し込みブラックにならないようにする為には短期間で複数の金融業者への借り入れ申し込みは避けるべきです。

過去に多重債務者が増加して社会問題となったことで貸金業法が改正されました。その際に新しくできた情報共有の制度があります。この制度はFINEと言ってCIC(クレジット業界)とJICC(消費者金融業界)で共有されております。なので銀行協会には共有されていません。

クレジット業界と消費者金融業界は制度により借り入れ申し込みがあった時点でデーターを登録、情報を共有しています。要するに借り入れ申し込みをすると金融業者は信用情報機関にデーターを問い合わせます。情報は共有されていますのでいつ・どこに・何件、申し込みしている?情報が照会され金融業者に履歴がわかってしまうのです。

登録期間

JICCのホームページに記載されています。

登録される内容
本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等
登録機関
申込日から6ヵ月を超えない期間

上記を見るとクレジット業界と消費者金融業界に申し込みをすると

  • 本人と特定する情報
  • 借り入れ申し込みをした日
  • 申し込みした商品種別

がデーター入力された後にFINEという制度によってクレジット業界と消費者金融業界に申し込みした日から6か月超えない期間、情報共有されるとなってます。

申し込みブラックを回避する方法はとても簡単。短期間でクレジット業界と消費者金融業界に何度も借り入れ申し込みを行わないことです。情報が登録されデーターが共有されると理解していればブラックになるのが恐くって短期間で何度も金融業者に借り入れ申し込みをするなんてことできませんよねw

確実なことは言えませんが1ヶ月以内と言われているようです。1ヶ月以内に複数社に何度も借り入れ申し込みをする事でブラックとなり金融業者への借り入れ申し込み時に情報が照会されブラックに該当するようになります。

例えば

2月に1社目の金融業者に借り入れ申し込みをしたとします。その後5月に再度違う金融御者に借り入れ申し込みをしてもある程度ですが期間に間がある為に申し込みブラックにはなりません。しかし、2月に金融業者へ借り入れ申し込みをしているにも関わらず、同月に違う金融業者に借り入れ申し込みをすると申し込みブラックに該当する可能性が出てきます。

こちらもボーダーラインがハッキリ分からないので確実なことは言えませんが3社以上の借り入れ申し込みはブラック情報に該当する可能性があります。金融業者は借り入れ申し込みがあると信用情報機関にデーターを照会することで何社の金融会社に借り入れ申し込みをしたか?一目瞭然です。

他社の金融業者に何度も借り入れ申し込みしているとブラックと判断され審査が厳しくなります。

申し込みブラックを回避する方法としては1ヶ月以内に複数の金融業者に借り入れ申し込みをするのではなく数多くある金融業者から1社を決め審査に落ちてしまった時のための保険として2社目を決めておく。1ヶ月以内で申し込みをするの金融業者は2社が限界だと考えます。

仮に複数の金融業者に借り入れ申し込みをしてしまってブラックになってしまった時の対処方法をご案内します。上記の登録機関でご案内した通り借り入れ申し込みをするとデーター入力され借り入れ申し込みの履歴は6か月間保管されます。

よって申し込みブラックになった場合は最低でも6か月間は申し込みを控えることでブラック該当者から抜けることができます。最後の借り入れ申し込みから6ヶ月以内にも借り入れ申し込みをすると期間が延長されいつまでも申し込みブラックのまんまになります。

審査の甘い消費者金融会社があっても複数の金融業者に借り入れ申し込みしている場合は審査否決の可能性が大きいのでムキにならず6か月間は我慢して申し込みブラックを抜けてから再度、挑戦するのが賢明です。

信用情報機関に自分のデーターがどのように登録されているか?自分で情報を開示することが可能です。借り入れ申し込みをして審査結果が否決となった場合は、自分の信用情報を開示して原因を探すのも一つの手でしょう。

信用情報の開示については各信用情報機関のサイトでご確認ください。

  • 借り入れ申し込みをすると6ヶ月間、信用情報機関に履歴が保存されます。
  • 1ヶ月以内に借り入れ申し込みをする場合は2社までとしたほうがよういでしょう。
  • 申し込みブラックになったら6ヶ月間は借り入れ申し込みをしない
  • 気になるようであれば自分の信用情報を開示してみる

はい。ここでは金融の申し込みブラックに関して書きました。以上です。