金融会社の借り入れ審査 By 闇金ゼスペック

金融会社の借り入れ審査

借り入れ申し込みの際に確実に借り入れ貸金業者を探すことってありますよね。しかし残念ながら現在の消費者金融は大手・中堅も貸金業改正後に審査基準が大幅に押し上げられてます。以前より借り入れ審査が厳しくなり借り入れ可能な貸金業者を探すのは容易ではありません。

少しでも自分の立場を有利にするためには必要書類などの資料作成や信用情報の整理を行わないと少額でも借り入れをおこす事が困難です。

借り入れをおこしたい。あなたの職業はなんですか?自営業の方で過去に金融事故がなくブラック情報には該当しないはずなのに消費者金融では借り入れ審査が否決されてしまうって経験をされた方もいるのではないですか?

社会保険に加入しているサラリーマンに比べ次の職種は

  • 自営業
  • 飲食業
  • 水商売
  • 風俗関係
  • タクシードライバー

過去のデーターから

  • 直ぐに転職
  • 住所不定
  • 収入が不安定

などのケースが多々あり印象が悪く審査基準に満たないことを理由に借り入れ審査が否決される原因になります。

次に述べる職種も印象はよくありませんが以前より緩和されています。

  • パート
  • アルバイト
  • 派遣社員

緩和されていると言っても厳しい状況に変わりはございません。消費者金融会社は貸し倒れリスクを最も嫌います。

印象が良い事
安定している勤務実績・安定している収入
印象が悪い事
勤務年数が短い・収入が不安定

自営業で借り入れ申し込みをすると現状は苦しい、業績が悪いと判断されます。このような事から自営業不可と明記する消費者金融も存在します。

大手・中堅消費者金融から借り入れを断られ何処からも借り入れが難しい場合、ソフト闇金業者からの借り入れを検討する方もいますね。

正規消費者金融会社は信用情報協会に加盟しており信用情報を閲覧することが可能ですが闇金業者は信用情報を知ることはできません。よって大手・中堅消費者金融で借り入れを断られても闇金業者なら借り入れを受けれる可能性があります。しかしヤミ金業者はソフト闇金と呼び方を変えても闇金はヤミ金ですので苦肉の策であることに間違いはないでしょう。

闇金業者は安定した収入と勤務先の在籍確認がとれれば貸し倒れのリストは低いと判断します。また、審査基準が低い為、自己破産者などのブラック情報該当者や生活保護受給者などの定収入の人にでも融資をすることがあります。稀に無職でも借り入れを受けれたって声も聞こえるぐらいです。

闇金業者が誰がどう見ても与信が低く信用がない人にでも融資をするのは、返済の遅延があると厳しい取り立てを行い、家族や勤務先に最低でも元金を回収するノウハウがあるからです。

そしてあわよくば、利息(ジャンプ)だけを支払いさせ長期的に利益を回収するテクニックも散見します。

あまりに借り入れ審査に落ちると無審査の貸金業者を探すのでしょうか?簡単融資や無審査で借り入れ可能な貸金業者は日本国では存在しないでしょう。

信用情報にブラック情報の要素があると否決です。

大手よりは審査が甘いと思いますが勤務先、収入証明などの細かな審査があります。

独自のシステムが存在していて独自の審査が存在しますので無審査ではありませんし信用情報は見ませんが家族や勤務先情報が必要となります。

自営業の方は借り入れ申し込みしても与信の印象が悪く審査が否決になる可能性が大きいです。個人事業主だと特にそうです。法人格ならまだマシだと思います。消費者金融に借り入れを断られたからといってソフト闇金を利用するのはお勧めできません。ソフト闇金は確かに審査が甘いですが家族や勤務先に迷惑を及ぼす可能性が大いにあります。

最終的に日本国で無審査で借り入れ可能な貸金業者は存在しません。簡単審査と言っても審査がありお金の問題なので簡単ではありません。お金の借り入れを諦めて仕事を探すことをお勧めします。