警察と闇金の関係

期待はできないが警察に被害相談するのは可能性を上げることに繋がるので望ましい行為であります。

警察に被害相談をしたからと言っても闇金業者の取り立てや嫌がらせを止めるのは困難です。闇金業者は地下組織のような存在であらゆる手段を使って身を隠してますので所在地を把握することが困難です。警察に相談したところで注意・警告をしてくれるかも知れませんが警察には闇金業者の取り立てを止めるほどのパワーはないです。

警察は悪質な闇金業者に対して捜査を開始することがあります。基準としては定かではありません。

  • 被害件数が多い事
  • 卑劣で悪質な行為

であることが考えられます。被害届けが1件では動かない警察でも5件10件となれば重い腰を上がることでしょう。警察に被害を相談しておけば捜査が開始した時に捜査協力を依頼してくることがあります。裁判や闇金業者の動きでも変わってきますが闇金が逮捕されれば裁判官の印象をよくする為に被害弁済という形でお金を返してくることがあります。大きくは期待できませんが可能性を上げることに繋がりますので警察への被害相談は望ましい行為だと考えられます。

警察が重い腰を上げて捜査を開始すると果てしない時間がを使って一つ一つ捜査進めていきます。何ヶ月も何年もかけて捜査をするのです。結果、闇金業者は逮捕されます。

貸金業法違反
貸金業法第十一条(無登録営業等の禁止)
出資法違反
出資法第五条(利息制限の法律)

これらの罪名により逮捕され上下はありますが2年6ヶ月の懲役と200万円の罰金が求刑され、同様の懲役2年6ヶ月と200万円の罰金が同等の判決を言い渡されます。

自身に守るものがなければ簡単です。シカトしてください。小口の融資で取り立てに自宅までくることもないでしょう。自宅や勤務先に来たとしても警察に電話すれば駆けつけてくれます。闇金業者は身分証の提示を嫌がりますので逃げるでしょう。

ごく稀にいますよ。家族からも見放されて勤務先も退社している状態の人。闇金業者ってしつこいので家族に凄い迷惑を及ぼします。電話番号を変更して連絡が取れない状態にすれば話が早いですが電話番号を変更するのを嫌がる人も少なくないでしょう。携帯電話なら知らない番号は出ないとか着信拒否するとか手段がありますが勤務先はどうでしょう?一緒に働いている同僚もいることですし電話番号を変えるのは難しいですね。上手に説明することで味方になって貰えれば心強いでしょう。

自分の勤務先のみならず家族の勤務先にも連絡は入ります。家族に迷惑をかけたくないって思いがあるのであれば踏み倒す方向はお勧めできませんね。しかし、現状が闇金の嫌がらせを沢山うけていてこれ以上、失うものがないって状態ならシカトして踏み倒すのも一つの手段でしょう。