闇金被害に困ってる

最初の付き合いからヤミ金被害になるケースは少ないと思いますが中には悪質な闇金業者でお金を借りていないのにも関わらずヤミ金被害と言わる状態に陥ることがあるでしょう。

お金を借りたいと言って融資をうけたにも関わらず返済ができなくなり闇金の取り立てにあい嫌がらせをうけてヤミ金被害となります。闇金融が法律で認められていない事と違法な金利での貸付をしていることから借りた人が被害と思った瞬間にヤミ金被害者となります。

道徳の部分で周期・金利に納得して融資をうけたのだから返済はしようと考えてる方でも高金利で返済が厳しくなり首が回らなくなると手の平を返したようにヤミ金被害者に急変します。

正規の消費者金融でも同じことが言えますがお金は借りたもん勝ちって部分があり手の平を返せば法律が味方をしてくれるようです。

通常のヤミ金被害は周期・金利に納得した上で闇金業者と付き合いが始まりますが悪質業者によるヤミ金被害は全く違うものです。悪質業者を見分けるのは凄く難しいので被害を避けるためには慎重に行動する必要があります。

押し貸し

悪質業者によるヤミ金被害の例として「押し貸し」をご紹介しましょう。

押し貸しというのは悪質な闇金融が勝手に振り込みしてくる行為です。5000円より小さな金額が振り込まれてきて「あなた、借りたでしょ」と借りてもいないのに1万5千~2万円ぐらいの金額を請求してきます。こういった業者のほとんどが個人情報を何らかの手段で入手していて闇金業者は個人情報をみて押し貸しをしてきます。

支払いをしないと入手した個人情報を参考に勤務先や家族に請求の連絡をしてきます。大体、納得していないし勝手に振り込んで来たにもかかわらず被害者になってしまう卑劣な行為と言えるでしょう。

個人情報の流出

もう一つ、悪質業者によるヤミ金被害の一つとして「個人情報」の流出をご紹介します。

闇金融の中には臨時収入を欲しいという理由で顧客データーを名簿業者や同業者に売ってしまう人間がいます。個人情報が流出すると「お金を借りて」や架空請求など多種多様な業者から連絡が来るようになります。望んでいない業者からの連絡でありヤミ金被害といえるでしょう。

昭和から平成と元号が変わり平成18年に国会で法案が可決・成立したことで貸金業法が改正されたことをうけ闇金の取り立ても変化していきました。

闇金業者は電話一本で全国に対応しているいて小口の融資がベースとなってます。そのことで人件費や交通費の削減と法律に反してることもあり電話で全て簡潔させている業者がほとんどでしょう。

融資から回収まで電話で済ませる闇金融は回収する術がなくなると嫌がらせを開始します。嫌がらせの方法は様々ですが勤務先や家族に連絡が入るのは鉄板で出前やデリヘルを無断で注文したり地図で調べて隣近所への嫌がらせなどをする闇金業者も存在します。

平成18年の貸金業法改正により闇金業者の取り立ても大きく変化を遂げました。その前までは宅配と言われる高金利の業者が存在したんですが法改正の波により宅配業者は消えていったのです。高金利の宅配宅配業者は自宅や指定の喫茶店まで融資・回収で来てくれるというスタンスの業者だったんですが貸金業法改正に直接対面するのが困難になったのです。

よって闇金融の取り立ては電話一本で勤務先や家族などに嫌がらせするのが実態でしょう。

色々なお客さんがいますが取り立てを始めると逃げるお客さんも少なくありません。返済する能力がないのだと思われます。そこにプラスして取り立てが始まると精神的に苦痛で手の平が返り、被害者だと感じるようになり返済する意思が失われていくんだと思います。

勤務先に取り立て

仕事のために毎日通勤する勤務先ですが業務をこなしているわけですので闇金業者から勤務先に連絡が入るのは迷惑ですし二次被害となります。逃げるお客さんは小さな会社だったり上司に協力してもらったりして在籍にしているのにも関わらず取り次ぎを拒否してくることも多々あります。

ここでの言い方としては、悪質業者に騙されヤミ金被害にあってると言えば協力してくれる会社は多いでしょ。実際は自身が周期・金利に納得して首を突っ込んだとしても勤務先は闇金融の見方にはなってくれません。ただ、勤務先が良心的で協力する場合もあればクビになるケースも少なくないです。闇金業者としては退職されると緊急連絡先がなくなりますので困ります。

家族に取り立て

法律上、家族に支払い義務はないですし支払いを請求するのは違法で二次被害です。しかし、闇金業者は本人と連絡が取れないと回収する術がなくなるので家族に連絡をいれます。携帯電話だったり自宅の固定電話だったりです。家族も勤務先と同じで闇金融には非協力的です。普通に「連絡が取りたい」と相談して本人と連絡が取れないと嫌がらせが始まります。

家族の緊急連絡先として家族の勤務先がない限り、最終的には無視される状態となるでしょう。無視されても返済が怠ってる状態で借りパクされそうな状態ですので連絡は入れ続けます。

このことにより離婚問題に発展したり絶縁状態に発展するケースも存在します。

近所への嫌がらせ

土地柄もありますが一軒家に住む方が対象です。便利な時代でインターネットを使えば住宅地図を入手することができ隣近所に住んでる方のお名前を調べることができます。そこから電話番号を調べては連絡をいれ「連絡が取りたいから伝言して」と伝え近所からジワジワと異変を伝えていきます。

最初は「お金を貸してる」ってことを伝えませんが連絡が取れないと最終的に「お金を貸してる」ってことも伝えていきます。(違法行為です)土地によりますがその街には住み辛くなる方もいるでしょう。このことで引っ越しする人も少なくありません。

闇金業者とのトラブルを穏便に解決するには支払いを完了させるのが一番よいかと思います。しかし、その支払いが困難だから延滞をしてトラブルに発展してヤミ金被害者へと展望していくのだと考えます。闇金業者が返済のために取り立てを始めると被害は本人以外に勤務先や家族に及ぶことは想定内のことです。

中には和解に応じてくれる闇金融が存在します。

元金和解
借りた元金だけ返済して債務終了となります。
完済金和解
借り入れ時に定めた利息を含めた金額で債務終了となります。
分割和解
決められた金額を決められた周期で返済していく方法です。もちろん、利息ストップです。

ただたんに、返済が厳しいから和解してくれと言っても闇金業者は応じないでしょう。なので嘘を言います!

闇金業者から勤務先や家族に連絡が入る前に自身から勤務先や家族に相談した方がよいでしょう。相談する場合、自身が周期や金利に納得して自身から借り入れを希望したって正直に言うにも間違ってはいないと思いますが印象がよろしくないと思います。なので私なら嘘を言います。

闇金業者から押し貸しの被害にあってる

自身で納得して申し込みをしたって話より昔に一度、闇金業者を利用したことがあり個人情報が流出したみたいで押し貸しの被害にあっている。借りた記憶もないし勝手に振り込まれて困っていると全て悪質な闇金融のせいにした方が勤務先や家族は納得して協力してくれるのではないでしょうか?

一切電話に出ない。話をしない。

勤務先や家族には一切電話に出ないで話をさせない状態を作ったほうがいいでしょう。なんと言っても話をしても意味がないです。闇金業者は電話しかできません。脅迫・恐喝に近い威圧的な態度をとってくるでしょう。個人の携帯電話や自宅の固定電話であれば少しの工夫で簡単ですよね。

じゃ、勤務先はどうなるの?大きな会社だと難しいかも知れませんが小さな会社であれば可能だと思います。実際に電話の取り次ぎはしないし、何度電話をしても切られてしまう会社も少なくありません。可能であれば「一身上の都合で何月に退社しました」と言ってもらうのも有効だと思います。

自身で闇金問題を解決することができない場合は第3者の介入が近道だと思います。闇金業者と当人が話をすると納得して借りたんでしょ?って部分が拭えないので和解できたとしても条件が悪いでしょう。しかし、第3者が介入することで納得して借りたかも知れないけど違法でしょ。暴利でしょと話を転換することが可能となります。

闇金融と話をして和解ができずに折り合いがつかない場合は、バックレる他選択肢がなくなります。なので闇金問題で困った時点でバックレる準備をしていいかと思います。家族や勤務先に相談して迷惑がかかりそうな所には頭を下げに行きましょう。

頼りになる弁護士。やることは同じでバックレます。支払い状況にもよりますが元金和解と取り次いでくれたりもします。しかし、闇金は違法なので支払いする義務はないというのが弁護士の観点ではあります。家族や勤務先への被害を最小限に食い止めたいのであれば元金和解が好ましいと思います。

近年では闇金問題に強い弁護士がネット上で沢山広告をだしていますのでGoogleやYahooで「闇金 弁護士」と検索することで直ぐに弁護士が見つかると思います。

弁護士が介入したからと言っても食い下がらない闇金業者も少なくありません。なのでバックレる段取りは必ず必要です。

自身が闇金業者と付き合いを切りたいと思っても縁を切ることができなかったらヤミ金被害者です。納得して融資をうけたかも知れませんが融資をうけた時点でヤミ金被害者と言っていいのです。返済が困難になると闇金融の取り立て=嫌がらせが始まり勤務先や家族に迷惑がかかります。

ヤミ金被害を解決するためには和解を取る方法がよいかと思いますが和解に応じてくれない闇金業者も少なくありません。よってバックレる準備をすると同時に第3者の介入を検討しましょう。弁護士が介入しても嫌がらせが続く可能性がありますのでバックレる準備だけはしてください。